鶴ヶ峰の家

明るさと伸びやかさを求めた2階リビングの家

緑の多い地域に開発された分譲地に建つ小住宅の建て替えでした。道路を挟んだ向かい側、南側の宅地が崖のように迫ってくる地形で、1階がリビングであった以前の家では日当たりの悪さと目の前を塞がれているかのような閉塞感に悩まされていらしたそうです。
そのため建て替えにあたっては、まず何よりも明るさと伸びやかさの得られる空間が求められました。
そこで長い時間を過ごすリビングを2階に配し、屋根なりのゆったりとした吹き抜け空間としました。頂部に設けたトップライトからは一年を通して終日自然光の明るさが得られます。リビングの間口いっぱいに設けたバルコニーからは近隣の緑地が望めるようになり、窓を開け放せば近くの川のせせらぎが聞こえてきます。
また浴室も2階とすることでキッチンと近接し、家事動線をコンパクトにまとめています。
限られた面積の中で、固定階段を持つロフトも設けて、収納力も十分に備わっています。

撮影:黒住直臣

25_37A6085.jpg
27_37A6116.jpg
09_37A5954.jpg
11_37A5972.jpg
12_37A5979.jpg
13_37A5836.jpg
14_37A5747.jpg
16_37A5703.jpg
17_37A5780.jpg
18_37A5750.jpg
21_37A6004.jpg
24_37A6021.jpg