五反野の家

木に包まれた3階建て住宅

 長くご両親の住まわれたご実家の建て替えで、大事になさっていた庭の樹木を残し活用する事と、下町的な雰囲気の残る近隣の人間関係に配慮する事をテーマに計画しました。
 外観では土壁の風合いのある左官壁と板張りの壁との柔らかい素材感によって3階建ての建物のボリューム感を和らげています。建物と連続して伸びる板塀は高さを抑えて塀超しに通りの人と声をかわす事が出来ます。荒く貼った板のあいだからは庭の植栽が顔を覗かせ、通りに彩りを添えます。
 2階のリビングは吹き抜けから東西の光を取り入れ、建込んだ町中でありながら、開放感のある風通しの良い空間を確保しています。
 吹き抜けを見下ろす3階の和室と、そこに続く屋上からは、スカイツリーと夏に花火を望むことが出来ます。

撮影:黒住直臣

01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg
08.jpg
09.jpg
10.jpg
11.jpg
12.jpg
13.jpg
14.jpg
15.jpg