国立の家

緑に囲まれて暮らす家

住宅地の中の旗竿状の敷地で、周りは四方向全てすぐ近くにまで隣家が迫 っています。唯一開いているアプローチが西側です。
施主様はガーデニングがお好きで「緑を身近に感じて暮らしたい」という 強い希望を持っていらっしゃいました。しかしながら、限られた敷地の中 に無理やりに広い庭をつくっても、肝心の住まいが窮屈なものになってし まうと思われました。そこで敷地の数カ所に坪庭程度の植栽スペースを分 散配置して、暮らしの中で家のどこからでも視線の先に緑があるように、 間取りと関連付けるように計画しました。
隣家が迫っている敷地環境で、プライバシーに配慮すると敷地の外側に向 かって大きく窓を開けられない中でも、明るさや広がりを感じて暮らせる ような配慮が必要でした。
屋根なりに吹き抜けた天井の頂部に設けたトップライトや2階の窓から差 し込む陽光は壁に反射し、階段とダイニングの吹き抜けを介してリビング ダイニングを柔らかく満たします。
視線を上へと導く小さな吹き抜けと、植栽へと抜ける視線が、建物の大き さ以上に、空間を伸びやかなものに感じさせてくれています。

撮影:黒住直臣