西ヶ丘の家

交差点に建つ光庭の家

 交通量の多い交差点に面した敷地で、家族のプライバシーと安全を確保する必要のあるため、1階は玄関ポーチと光庭を緩衝帯として直接外に開かない計画とし、2階は庭代わりの広いルーフテラスを高いフェンスで囲んで大きな窓面を確保しています。1階には光庭とそれと接したリビングの吹き抜けで光を導いています。光庭と吹抜けの効果が合わさることで、明るく風通しの良い、視覚的にも抜けと広がりのある空間となりました。
家のどこにいても家族を感じられるあたたかな家です。

撮影:黒住直臣

01_3927.jpg
39_3864.jpg
42_3842.jpg
04_3819.jpg
10_3644.jpg
11_3652.jpg
12_3659.jpg
13_3699.jpg
14_3676.jpg
18_3952.jpg
21_4014.jpg
23_3684.jpg
27_3974.jpg
29_3747.jpg
30_3766.jpg
31_3997.jpg
32_3790.jpg
35_3890.jpg
33_3797.jpg
38_3907.jpg