向台町の家

小さな吹抜けとペレットストーブの家

少し郊外の住宅地の北西の角地に建っています。北側は道を挟んで畑が広がっていますが、反対に南側には隣家が迫っていました。
日当たりや開放感を求めて2階をリビングにするか迷いましたが、小さな吹き抜けを中心に据えることで、家の各部屋のつながりをつくり、採光と通風、空1階のリビングからも空への抜けを得ることが出来ました。
熱環境の面でも、吹き抜けを昇るペレットストーブの暖気を、ソーラーシステムのファンが床下へと循環させることで、家全体に暖かさが行き渡る快適な屋内環境を実現しています。

撮影:黒住直臣