結城の家

公園を借景とした2階リビングの家

 結城紬で有名な結城市の比較的新しい住宅地に建つ家です。規則正しく区画された街区の北側に広場のような公園があります。
 公園の広がりを借景として享受したい一方で、利用者の視線からプライバシーを守らなければなりません。さらに南からの太陽の光もたっぷりと取り込むために、リビングを2階として南北に大きく開いた開放的な構成としました。太陽熱温水器を載せた片流れの屋根勾配をそのまま表した屋内は、木質の天井と相まって、ゆったりとしたおおらかな空間となりました。

撮影:黒住直臣