豊橋の家

神社の緑を借景としたスキップフロアの家

 豊橋駅にほど近い住宅地に建つ住宅です。北側には道路を挟んで古い神社があり、大きな樹々が葉を茂らせていました。
 南からの陽光をたっぷりと取り込みたい一方で、北側の緑も生活の中に活かしたい。開放的な空間づくりをイメージする一方で参拝者の視線からはプライバシーを守ることが求められました。
 また「市川の家」をご覧になってご依頼下さった施主様には、スキップフロアの空間づくりという確固としたイメージがありました。
 そこで今回のケースでは、北側の神社に向かってスキップフロアで1段高いリビングを設け、さらに窓を目線よりも高い位置に設けることで、屋内の視線を樹々や空に導くとともに、道行く人々からの視線を遮っています。リビングの上を吹き抜けとすることで、2階に射し込む陽の光がリビングの奥にまで直接届きます。
 北側に吹き抜けを設けることで屋内の熱環境が心配されましたが、温暖な豊橋の気候と高い断熱性能とで、エアコンだけで一年を通じて快適に過ごせる家になりました。

撮影:黒住直臣