松戸の家

おおらかな吹き抜けの家

 比較的床面積の大きな家ですが、その広さを活かして家族みんながのびのびと過ごせる、明るく開放的な広がりのある家を求められました。
 家全体をつなぐダイニングの大きな吹き抜けは生活導線の中心でもあり、オープンな階段が家族みんなの行動を明らかにして、どこに居ても一つの家としてのつながりや家族の気配が感じられます。
 ダイニング横にはリビングとは異なるファミリースペースを設けて、学校から戻った子供達はここで遊んだり勉強をしたりしています。2階にも子供部屋がありますが、ファミリースペースと梯子で結ばれていて、子供達はここを昇り降りして近道をしています。子供達が成長するに従って2階の子供部屋との使い分けが出来てくる事を意図しています。
 吹き抜けのダイニングとは対照的に、高さを押さえたリビングは植栽の豊かな庭へと視線を誘い、落ち着いたコーナーを作っています。庭側の開口を押さえる事は隣家の視線からプライバシーを守る事にも役立っています。
 2階の広いルーフテラスは第2の庭であり、子供達の遊び場になるとともに夏には吹き抜けのガラスを覆う緑のカーテンを育てます。
 恵まれた床面積を活かして、家の中を走り回れるような、おおらかな住宅となるように心がけました。

撮影:黒住直臣