下高井戸の家

光庭で採光と世帯間交流を得る、完全分離2世帯小住宅

 密集した住宅地の中で、建ペイ率と容積率を最大限に使った、地下1階地上2階の建物です。
 2世帯住宅としては決して大きくはありませんが、容積率から緩和される地下室を利用して2世帯住宅に必要な部屋数を確保し、ドライエリアを兼ねた中庭を囲むように計画することで、どの部屋にも採光と通風が十分に行き渡ります。
 2世帯は玄関ホールと、そこから直接降りることの出来る地下の和室をゲストルームとして共用しています。
 また、安全な素材選びを心がけ、無垢のフローリング、珪藻土の左官壁、羊毛断熱材などを採用しています。
 1階の親世帯は前面道路を挟んだ公園に向かって、小さいながらも自分の庭を確保して緑に恵まれた落ち着いた生活空間を得ています。
 2階の子世帯は屋根なりに吹き抜けたリビングとそれに続くルーフテラスを持ち、開放的な空間を実現しています。内装関係の会社にお勤めの奥様が自らカーテンや壁紙をコーディネートしています。

02.JPG
04.JPG
05.JPG
07.JPG
08.JPG
10.JPG
13.JPG
14.JPG
15.JPG
17.JPG
18.JPG
19.JPG
20.JPG
21.JPG