関町の家

庭を挟んだ分棟型の2世帯住宅

 可能な限り分棟に近づけて、それぞれ戸建てに近い環境を得ると共に、中庭やアプローチなど2棟の「隙間」をデザインしています。平面的な配慮と共に、2棟のフロアレベルを半層ずらして見合いを避けるなど、相互のプライバシーを重視しながら、庭を共有することで2世帯の交流にとって快適な距離を確保しています。
 2棟を東側に開いたL字型に配置して庭を確保していますが、東側隣家の庭も借景となって面積以上の広がり感が得られます。
 設備面では両世帯ともイゼナ式床暖房(深夜電力蓄熱型)を採用していますが、子世帯では床面だけではなく地下室への天井面からの輻射を期待しています。

撮影:目黒伸宜

関町夕景.jpg
親・玄関.jpg
廊下2.jpg
廊下.jpg
親・リビング.jpg
親・ダイニング.jpg
庭.jpg
子・リビング.jpg
子・階段.jpg
子供部屋.jpg
書斎.jpg