めじろ台の家

落ち着きと明るさの2世帯住宅

 日当りの良いひな壇状の敷地に建つ2世帯住宅です。
敷地が道路よりも高くなっているその高低差を利用した地下1階地上2階建てのL字型の家で、1階の庭に面した部分が親世帯に割り当てられています。
 1階の親世帯には、庭とのつながりを楽しめるように水平に視線が抜ける落ち着いた空間構成を、子世帯の生活の中心となる2階では、周囲に開けた環境をいかして空を感じられる明るさと広がりを意図した計画としています。
 1階の2世帯それぞれの隣り合った玄関には土間同士をつなぐ扉が設けられています。

撮影:黒住直臣

01_4001.jpg
37_4251.jpg
03_4010.jpg
07_3857b.jpg
06_3868.jpg
09_3923.jpg
12_3933.jpg
13_4030.jpg
18_3989.jpg
19_4226.jpg
23_4082.jpg
22_4093.jpg
21_4064.jpg
24_4117.jpg
26_4131.jpg
27_4132.jpg
30_4161.jpg
31_4173.jpg
32_4218.jpg
33_4284.jpg
36_4228.jpg