和田の家

旗竿敷地の小さな家

 1階を寝室と浴室、2階にリビングとキッチン、ロフトを子供室としています。
敷地延長の立て込んだ敷地と限られた床面積の中で風と光をどれだけ楽しめるかが設計のテーマでした。
あえて床面積を減らしてルーフテラスを作ったのは、もちろん外部を楽しむためでもありますが、アプローチから見て空に向かって抜けを作ることで、建物の圧迫感を減じ、また、テラスの楽しげな雰囲気を伝えて、人を迎えるにふさわしく、内部空間への期待を抱かせるためでもあります。
視線の向く所に常に光や緑があるように計画して、常に奥行きと広がりを感じるように配慮しています。
仕上げ材料を限定し、よけいな物を排したシンプルな室内は、建物の色形や素材よりも、光と風を素直に感じられる空間になりました。

撮影:冨田治

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント