北沢の家

小さなスキップフロアの家

 住宅密集地でありながら傾斜地であるために、午後の日に恵まれた敷地です。
これを活かすために西側に吹き抜けを設け、光を取り込むことを計画しました。
 一方、2面の道路斜線と高度斜線に厳しく高さを押さえられるため、建設可能な高さをいっぱいに活か
せるよう、敷地内の高低差のままに、スキップフロアの構成としました。
リビングの吹き抜けを中心に各部屋が取り巻くような構成とすることで、以下のようなメリットが生まれました。
・どの部屋からも等しく西側に開けた眺望が得られる。
・レベルの差をぬって、どの部屋にも風が抜ける。
・フロアごとに分かれず、家全体に一体感が生まれる。

撮影:冨田治

ent.jpg
ext.jpg
living1.jpg
living3.jpg
living2.jpg
living4.jpg
step.jpg
Void.jpg
yobi.jpg
tatami.jpg
kitchen.jpg
bath.jpg