尾山台のマンション

マンション住戸のインテリアデザイン

 標準的なマンションの普通の間取りを反省することから設計が始まりました。
 通常部屋の中央を占領している廊下をリビングに取り込むことで、空間に奥行きを生むことが出来ました。廊下を取り込むために細長く伸びたリビングの形を整えていく中で必然的に斜めの線が生まれました。
 デザイン面で求められたのは、生活感のない空間ということでした。しかしながら生活の場である住宅で、生活を隠すことは不可能です。そこで、人間が裸になる場所である寝室・浴室・トイレと、リビング・ダイニングとを視覚的にもはっきりと隔て、お互いの気配が混じり合わないようにすることを考えました。斜めの壁はそれを象徴的に現しています。トイレのドアは一見それとわからないように工夫してあります。
 生活感を出さないためには、デザイン以上に十分な収納量も必要です。現実的な問題として、見せない収納をいかに確保するかにも配慮しました。斜めの壁の中は壁面収納になっていて、パソコン用の小さな書斎も入っています。キッチンと予備室を仕切る壁は押入になっていて、このコーナーは建具で仕切ってゲストルームにもなります。

※撮影:ハービー・山口

living2.jpg
living1.jpg
hall.jpg
ent.jpg
closet.jpg
bath.jpg
toilet.jpg