土支田の家 リノベーション

日本家屋のリノベーション

築30数年の家のリノベーションです。一度骨組みの状態まで解体してから全てを新しく作り直しています。
今の暮らしに合った使いやすい間取りへと変更するに際して、広い庭に面して建つ恵まれた環境を活かすよう開放的なリビングを計画しました。
もともとの構造の制約がある中での計画は難しくもありましたが、かえって昔の家の思い出と新しい暮らしとをバランス良く構成する事が出来たと思います。
構造補強、断熱補強、間取り変更と、建て替えと同じくらいの費用と時間が必要なため大変迷われていらっしゃいましたが、引き渡しの際には「父親の建てた家をまた残す事が出来てよかった」と仰っていただけました。

撮影:黒住直臣

リビングダイニングと連続するデッキテラス

以前の庇を残した玄関周り。扉は木製の引き戸を製作。

玄関から続く廊下には以前の柱を表しています

玄関脇の接客スペース

書斎

複数の座敷に区切られた間取りをオープンな間取りにリノベーションしたため2階を支える柱が表しとなっています

テラスにはガーデンキッチンを設けています

ダイニングテーブルは胡桃材のオーダーメード

和室

障子とサッシュの間に簾を挟んで採光や視線のデリケートな調節を可能にしています

キッチンから

以前の中廊下の階段はオープンなリビング階段に

2階寝室

バスコートを持つ浴室

襖で仕切られた以前の家。こたつの所が新しいキッチンの場所。