岩槻の家 リノベーション

建て売り住宅のリノベーション

 築15年の建て売り分譲住宅のフルリフォームです。
路地を囲んでいる分譲地で、道路に南面しているため道の人目が気になりストレスを感じていたそうです。間取りや仕上げも変更を希望する部分が多かったため、構造体以外は全て解体してつくり直すフルリフォームとしました。
路地からの視線を遮るために、駐車場に鉄骨の囲いをつくり目隠しとしました。2階のバルコニーも付属しています。木製のスクリーンに囲われた空間は屋内からは中庭のようにも感じられ、落ち着いて過ごせるようになりました。
また休日には、ご主人の趣味であるオートバイを整備する場所になります。
間取りは、限られた床面積を広く使えるようにキッチンとダイニングテーブルを一体としています。また、以前は玄関ホールにあった階段の位置を、リビングの中に変更して、2階の個室と1階のリビングとの繫がりを良くしました。2階の寝室は天井を屋根なりに高く貼り、ロフト収納を確保しています。
基礎の補強や筋交いの追加を初めとする構造補強を徹底的に行っています。

撮影:黒住直臣

03_7760.jpg
04_7767.jpg
11_7809.jpg
15_7903.jpg
18_7851.jpg
19_7863.jpg
20_7873.jpg
21_7817.jpg
22_7900.jpg
23_7749.jpg
25_7745.jpg
26_7711.jpg
RIMG2676.JPGリフォーム前の家