HOME > WORKS 戸建リノベーション

調布の家

築50年木造家屋のリノベーション

建具職人だった祖父の思いのこもった住まいは、愛着もありましたが、ずいぶんと痛みも見られました。建て替えの検討もなされましたが、建て替え不可の現実もあり全面改装に踏み切りました。間取りのほとんどを変更し、基礎、構造材の補強を経て実現した住まいは、全く新たなものになりましたが、古い構造材の表し、漆喰の壁、丁寧にデザインされた格子や建具などによって趣ある住まいとなっています。
採光、風通しを考慮した小さいけれど家族それぞれの個室、以前からは想像もできないほどの広がりを持つリビングダイニング、予備室とリビングへの採光機能を兼ねるロフト等、盛りだくさんのアイデアに、驚きと共に、とても喜んでいただいています。

調布の家01 外観.jpg調布の家02 LDK.jpg調布の家03 トイレ.jpg調布の家04 玄関.jpg調布の家06 ロフト.jpg

土支田の家

築30年日本家屋のリノベーション

一度骨組みの状態まで解体してから全てを新しく作り直しています。今の暮らしに合った使いやすい間取りへと変更するに際して、広い庭に面して建つ恵まれた環境を活かすよう開放的なリビングを計画しました。
もともとの構造の制約がある中での計画は難しくもありましたが、かえって昔の家の思い出と新しい暮らしとをバランス良く構成する事が出来たと思います。
構造補強、断熱補強、間取り変更と、建て替えと同じくらいの費用と時間が必要なため大変迷われていらっしゃいましたが、引き渡しの際には「父親の建てた家をまた残す事が出来てよかった」と仰っていただけました。

07_5929.jpg12_5827.jpg14_5836.jpg23_6100.jpg28_6207.jpg

岩槻の家

建て売り住宅のリノベーション

袋小路の路地を囲んで数棟の住宅が建っている分譲地で、道路向かってリビングが開いているために路地からの人目にストレスを感じていたそうです。間取りや仕上げも変更を希望する部分が多かったため、構造体以外は全て解体してつくり直すリノベーションを提案しました。
路地からの視線を遮るために、駐車場に鉄骨の囲いをつくり目隠しとしそこにバルコニーも付属しています。木製のスクリーンに囲われた空間は屋内からは中庭のようにも感じられ落ち着いて過ごせるようになりました。また休日にはご主人の趣味であるオートバイを整備する場所になります。
間取りは、限られた床面積を広く使えるようにキッチンとダイニングテーブルを一体としています。以前は玄関ホールにあった階段の位置をリビングの中に変更し、2階の個室と1階のリビングとの繫がりを良くしました。2階の寝室は天井を屋根なりに高く貼りロフト収納を確保しています。
基礎の補強や筋交いの追加を初めとする構造補強、窓や断熱材の更新による断熱補強を徹底的に行っています。

04_7767.jpg16_7833.jpg20_7873.jpg22_7900.jpg23_7749.jpg

熱海の別荘

RC造別荘のリノベーション

住み手のお父様から受け継いだ鉄筋コンクリート造りの別荘は、しっかりとした作りではありましたが、細かく区切られた部屋割りは、温度差や湿気を生じ、けっして快適とは言えない状況でした。環境改善、構造躯体のメンテナンスのため、ほとんどの内装材、下地材を解体し、スケルトンからの改装としています。
湿気の大きな原因であった床下ピットの防水と換気も実現し、不安も無くなり、快適になりましたと、たいへん喜ばれています。防水を施した深さ1.7mの地下ピットもリビングの一部として空間利用し、以前とは比べ物にならないほどの広がりを確保しています。
無垢の天井板、床材等は丁寧に取り外され、再利用も果たし、ローコストの実現と思いを受け継ぐリノベーションの両立となりました。

KINOMIYA003.jpgKINOMIYA001.jpgKINOMIYA002.jpgKINOMIYA004.jpg

久留米の家

木造住宅のリノベーション

Kurume001.jpgKurume002.jpgKurume003.jpgKurume04.jpg